ピクニック弁当〜時短のコツは前日の下準備にあり〜


今日は家族3人でピクニックに出かけました。

ピクニックに欠かせないお弁当ですが、家族分となると時間がかかります。

それで下準備を頑張って当日のお弁当にかける時間を短縮しようと考えました。

しかしながら前日の下準備も赤ちゃんがいると大変ですよね。

だったら前日の晩御飯と翌日のお弁当の具を何品かかぶらせてればと考えました。

メインの品だけ当日作って、作り置きできそうな物は前日から作っておくのです。

まず前日の晩御飯はマカロニサラダ、ほうれん草胡麻和え、温野菜、唐揚げにしました。

この時翌日のお弁当にも入れられるように多めに作っておきます。

量が少々増えるくらいはそんなに手間になりません。

ちなみに温野菜はブロッコリーと人参で、人参は星型にくり抜いておきました。

唐揚げはお弁当分は揚げずに粉をつけた状態で冷蔵庫に入れておきます。

これは当日お弁当分は揚げた方がサクサクで美味しいからです。

この他にもハンバーグのたねを丸めた状態にしたものを前日に下準備しました。

ハンバーグはたねにケチャップを混ぜ込んでおくと、味がついて美味しいです。

またアスパラとベーコンをカット、お米を研いでタイマーもし前日下準備終了です。

当日の朝はまず、油の鍋を火にかけます。

前日の唐揚げを作った油を使い回すので、火にかけるだけでいけます。

油があたたまるのに時間がかかるので一番に火をつけます。

油があたたまるまでの間に隣のコンロで卵焼きを作ります。

卵を流したり巻いたりするので揚げ物は手があまりかからないので同時進行しやすいです。

卵焼きは一巻きの細い卵焼きは息子用に味付けなしのプレーンを作りました。

そのあとしょうゆとみりんで味付けしただし巻き味付け風の卵焼きを作りました。

卵焼きをしている途中で隣のコンロの油があたたまったので唐揚げ投入です。

前日に粉をつけた状態まで下準備しているので揚げるだけでokです。

投入したらしばらく放置なのでまた卵焼きに集中できます。

卵焼きが出来上がると、そのコンロで違うフライパンにてハンバーグを焼いていきます。

こちらも前日にたねを丸めた状態まで下準備しているので焼くだけでokです。

ハンバーグをフライパンに入れて片面焼き目がついたらひっくり返して蓋をします。

そしたらしばらく放置になるので唐揚げの方をひっくり返したり取り出したりに集中できます。

唐揚げが終わると、ポテトを揚げていきます。

冷凍なので油に投入するだけです。

そうこうしているとハンバーグが出来上がります。

早く火を通すためにも、お弁当箱にいれやすいためにもミニにするのがコツです。

そしたらそのフライパンでアスパラベーコンを炒めます。

こちらも前日に下準備でカットしてあるので焼くだけです。

ポテトもアスパラベーコンもさっと仕上がります。

このあとおかずを冷ましがてら、おにぎりを作れば完成です。

あとは前日の残り物のマカロニサラダ、ブロッコリー、人参、ほうれん草の胡麻和えと盛り付けます。

彩でミニトマトも入れたら完成です。

当日は30分以内に出来ました。

下準備で時短簡単お弁当が出来ました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です