激安簡単晩御飯〜王道のカレーはレンジ併用で時短〜


激安簡単晩御飯の王道といえば私の中ではカレーが1位です。

玉ねぎ、ジャガイモ、人参という野菜は1つからでも数十円で手に入ります。

ゴロゴロ系野菜が入っているのでお腹いっぱいになりますね。

お肉も豚コマか鶏胸肉をつかうことで100円あれば充分な量を入れられます。

それにカレーは1品だけで晩御飯として成立するのが最高です。

作り方も切って炒めて煮込んでルーをいれるだけで30分あればというところです。

しかし我が家はもっともっと時短でカレーを作っています。

まず玉ねぎ、ジャガイモ、人参をカットしたら耐熱ボールにいれラップします。

そして電子レンジで4.5分加熱します。

これにより、炒めて煮込むという時間をいっきに短縮することができます。

レンジで先に火が通っているので炒めて煮込む必要がないのです。

レンジにて加熱している間にティファールでお湯を沸かしておきます。

そしてお肉は鍋で炒め始めます。

レンジがとまるころにはお肉もしっかり煮えているくらいまで炒めれています。

上からチンした野菜をお肉が炒まった鍋に入れたらさっと油を回す程度に混ぜます。

そして5分もすればお湯も沸いているのでお鍋に入れます。

こうすることで、野菜を炒める時間と水が沸いてくるまでの時間を大幅カットできます。

ルーを入れたらとろみがつくまで混ぜて完成です。

手際が良くなれば15分あれば出来ます。

なので遅くまで出かけて帰ってきた日にも最適です。

カレーに使う野菜類は腐りにくい日持ちするものばかりです。

なので、赤ちゃんがいる家庭は急な事態に備えてカレーのルーと野菜を常備するのがいいと思います。

例えば急に赤ちゃんがゲガして病院に夕方走らなくてはいけなくなったとします。

今から晩御飯の支度と思っていたら病院が長引き出来なくなる可能性もあります。

そんな時に常備しておけば15分でバッチリです。

他にも赤ちゃんが熱が出て買い物に行けなくなり晩御飯の材料がない時などもあるかもしれません。

そんな時カレーなら出来るとなればこちらも慌てなくて済みます。

お肉や炊いたごはんを小分けにして冷凍しておけば完璧です。

しかも最近は赤ちゃん用の1歳からのカレーの王子様というものが発売されていました。

顆粒タイプのこちらは、お肉と野菜と汁を取り分けて溶かすだけの簡単さです。

ルーとちがい顆粒だから溶けきってない心配が少ないのが嬉しいです。

赤ちゃんの晩御飯も出来てしまうあたりがやはりカレーは簡単晩御飯王道と思います。

今夜は家族みんなでカレーを食べました。

息子も主人も大好きな王道晩御飯でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です