1歳息子と動物園レポート〜準備編〜


主人と息子と3人で動物園に行ってきました。

昨夜急遽思い立ち、何の準備もしておらずでしたが出来るだけ下調べしました。

まずは行く動物園のホームページを見ました。

何時から何時までなのか、駐車場はあるのか、入園料はいくらかなどです。

今回行った動物園は夏と冬で開園時間が違っていました。

また、休園日などもたまにあるので無駄足にならないためにも要チェックです。

ホームページで一通り情報を得たら、子連れで行った人がレポートを書いてるブログを見ます。

実はこの情報が本当に一番侮れなかったりします。

ポイントは同じくらいの赤ちゃん連れの人が書いているのを選ぶことです。

また私のような同じ節約志向の人のブログだとお得情報が書かれていたりします。

見てみると、かなりトイレや授乳室オムツ替えスペースなどが充実してるとわかりました。

これは赤ちゃん連れには必須の情報です。

息子は昼間は卒乳しましたが、少し前だと授乳室の場所を把握することが必要でした。

そして授乳時間に授乳室近くに来るようにルートを決めたりできます。

オムツ替えは必要なので、広いトイレの情報などは役に立ちました。

またベビーカーも有料だけど貸出があり、園内もベビーカーでもまわりやすいとのことでした。

この情報もかなり大切になります。

例えば階段が多くベビーカーではまわりにくいという情報があったとします。

それを知っていれば、荷物は減らして抱っこ紐で行こうと計画出来ます。

でも知らずに大量の荷物にベビーカーまで持参してしまうとかえって邪魔になったりするのです。

今回は安心してベビーカーで行けると知れました。

なので、じゃあ荷物は増えてもベビーカーに積めるからお弁当持参しようと計画出来ました。

ベビーカー貸出は無料ではないからやはり持参だなと節約にもなりました。

お弁当持ち込み可の情報もあったので、持参可とわかり無駄にならずすみます。

それに大概のパーク系のフードは高いのでお弁当持参は節約にもなります。

しかしながら前夜な急な計画のため、お弁当のおかずになるものがありません。

あいにく冷蔵庫も買い出し前でほとんど食材がない状態です。

必死に今あるもので考えた結果、焼きそば、卵焼き、おにぎりが出来そうでした。

仕方ない、焼きそば弁当に決定だとなったのですが、実はこれが大正解でした。

普通のお弁当なら揚げ物やサラダなど何種類ものおかずを調理しなくてはなりません。

一人分ならまだしも家族分となると、赤ちゃんを見ながらは大変な作業です。

しかし焼きそばなら前夜に玉ねぎとキャベツだけ刻んでいれば、朝に豚肉と麺と炒めるだけです。

ソースと塩胡椒で完成であっという間でした。

炒めながらおにぎりはおかかと塩こぶを混ぜて握りました。

卵焼きも焼くだけなので、そんなに手間はなしです。

お茶に、オヤツ、除菌シート、着替えとお弁当を詰め込んだら準備は万端でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です