息子が食パンを食べるためのさまざまなアレンジメニュー


最近はもっぱらパンが大好きな1歳2カ月の息子です。

朝は食パンで定着し、私も用意が楽で大助かりです。

食パンをちぎって食べるので、そのまま出して、ちぎりながらあげればokです。

他にはチーズやバナナなどそのままあげれるものを朝ごはんに活用することが多いです。

朝は洗濯など何かと家事が集中しバタバタするので手軽にできる朝ごはんが1番です。

なのですが、最近息子は食パンをそのままではあまり食べなくなりました。

半分くらいは食べるのですが、途中からいらないと言う感じです。

他のものは完食するので、恐らく満腹というよりは味に飽きて来るのだと思います。

最近はおやつにミルクパンやスナックパンなど味のついたパンも食べるようになっています。

美味しい濃い味を知ってしまい、食パンそのままでは物足りなくなるんでしょうか。

それでまずはジャムをつけてみようと考えました。

一番手軽だからです。

すりりんごをジャムとして使ったりもしますが飽き対策に違うのも必要です。

けど市販のジャムは糖分が気になるなと思っていたら、砂糖不使用というのを発見しました。

すると、思ったとおり食パン完食でした。

息子はイチゴが苦手なのにイチゴジャムならパクパク食べました。

これは良いのをみつけたと思いましたがすぐまた飽きた時のため違うのも用意です。

まずはチーズをのせて焼くチーズトーストをしてみました。

チーズ大好きだから食べるだろうと思っていたら、固形が好きなようであまりでした。

続いて、バタートーストです。

こちらはシンプルな食パンの食べ方ですね。

しかしながら油分が胃に負担かなと勝手に敬遠していました。

結果はやはりシンプルより食べますが、ジャムにはかなわずといった感じでした。

油分はお肉に入ってるものだけでも今は充分かなとあまり使っていません。

焼いたり炒める際も、ティファールのお鍋なので油なしでも出来るからです。

それにパンそのものにも油は入っているんですよね。

やはり毎朝バタートーストはまだかなと個人的な感想です。

お惣菜系ということで卵トーストみたいにしてみましたがそちらもいまいちな反応でした。

やはり息子には今のところ食パンにはジャムが一番合うようです。

ジャムの味も何種類かは砂糖不使用のものがありました。

というわけで、そちらを回していきながらしばらくは様子見かなと思います。

食材はオーガニックにこだわるとかそこまではないです。

でも油分や糖分はお菓子など避けきれないものからも取れるので少し気をつけています。

ストレスのない程度にこだわるというのも大切に思います。

ジャム気になる方はST.DALFOURというメーカーに砂糖不使用がありましたよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です