久しぶりの1人お出かけ〜ママの息抜きと見える息子の成長〜


今日は主人がお休みだったので息子を見てもらって私は厄除けのご祈祷に行ってきました。

お寺へ行って帰るまで約3時間のお出かけでした。

1人お出かけなんて本当に久しぶりでした。

息子が成長するにつれ、美容院も一緒に連れて行くようになったし預けることが減っています。

お腹がすいても一緒に外食も出来るしどこに行くにも預けずに大概大丈夫です。

なので、思い返せば前回主人に息子を頼んだ頃はまだ授乳期でした。

授乳期は、どこでも授乳するわけにいかずよく主人に預けてパッと買物などしていました。

主人に哺乳瓶ミルクをたくして出掛けていたのです。

だいたいその頃も1回のお出かけ時間は3時間以内でした。

この3時間というのが我が家ではかなり重要なボーダーラインでした。

生まれてから離乳食が始まる頃までは3時間おきくらいに頻回授乳していました。

その時間を越すとかなりの高確率でギャン泣きが止まりませんでした。

ミルクでもいけるのですが、やっぱり哺乳瓶では物足りずダメってことも多々でした。

そんな時はなんとか主人に哺乳瓶のミルクで繋いでおいてもらい急いで帰宅して授乳する感じでした。

なので1人で出掛けていても常に時間が気になって、駆け足という感じでした。

それが今や昼間は卒乳しているから少々3時間過ぎそうでも焦ることもありません。

御飯とお菓子さえ食べれたらご機嫌になる息子です。

それだけでもかなり成長したなぁ、楽になったなと感じられました。

そして1番大きな違いは帰宅した時に感じられました。

授乳期は帰宅してもまだ無反応で寝転んでいました。

でも今日はドアを開けたらニコーっと笑って私の膝に駆け寄ってきたのです。

いつの間にやらこんなに成長していると感激した瞬間でした。

主人に私が出掛けてからの様子を聞くと、最初はドアの方を探していたそうです。

でもしばらくすると諦めたのか遊び出してあとはご機嫌だったとのことでした。

ママがいなくなったことの認識、探す、気分を変えて遊ぶなど出来ることが増えています。

色々息子なりに考えて過ごしていたんだ、すごいなと感慨深かったです。

一方で私はとてもリフレッシュが出来ました。

乗った電車がスヌーピー仕様で可愛くてそれだけですごく癒されました。

1人で出掛けると荷物が少なく手持ち無沙汰でなんだか落ち着きません。

何か忘れている感じがするんですよね。

でも今日の息子の様子を聞いて、次回預ける時はもう少しソワソワ感が減る気がしました。

それは息子と主人への信頼感と大丈夫という安心感が増した証拠かなと思います。

成長に感謝です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です