簡単節約夜ご飯〜焼魚プラスあまり野菜で出来る野菜炒めと豚汁〜


今日の晩御飯にあぶらかれいの焼き魚を作りました。

2切れで198円の激安でした。

スーパーに行くと一匹そのままの魚と切り身が売っています。

私は秋刀魚以外は迷わず切り身しか買いません。

切り身の利点はなんと言ってもそのまますぐに調理できる点です。

時短簡単節約に欠かせない時短の部分とさばかなくていい分簡単にもなります。

そして簡単の部分に欠かせない私の必須アイテムが魚焼き専用ホイルです。

これは本当に便利です。

以前にししゃもを焼く際にも紹介しましたがフライパンに敷くだけでokです。

魚焼きグリルを使わずに簡単に魚が焼けて片付けはホイルを捨てるだけで汚れ知らずです。

その方法で魚を焼いた後、冷蔵庫一掃の定番料理野菜炒めを作りました。

フライパン使い回しで洗い物が1回減るのが時短簡単節約になります。

冷蔵庫の片隅に残っているあまり野菜って必ずありますよね。

1つだけ残ったピーマン、後少しのキャベツ、1/4の人参などです。

それらを残して、次回買い足して使おうと思っても案外腐らしてしまうことにもなりかねません。

それならば買い出し直前に、冷蔵庫一掃dayを作り野菜炒めにしてしまえば無駄なく1品になります。

今日は1/4のキャベツと、使いそびれたもやし、少しの豚コマがあったのでそちらでしました。

炒めて塩胡椒、焼肉のたれで味付けで完成です。

焼肉のたれは万能調味料です。

また大根の端くれ、サツマイモ半分、玉ねぎ半個、蒟蒻半分も冷蔵庫にありました。

先ほどの豚コマを半分残しておいたのをプラスして、豚汁にしました。

豚汁もほんだしで具材を炊いて味噌を入れるだけで簡単です。

冷蔵庫がスッキリと綺麗になりました。

野菜が余ったら炒める系と煮炊き系に分けてこんな風に使うのは簡単でオススメです。

具材もあるものだけでも立派な1品に仕上がります。

野菜炒めは2人前で約75円くらいで出来ました。

豚汁もお水をたっぷり入れたので翌日まで飲めそうな量で約100円で出来ました。

焼き魚を入れても2人前で400円以下の和食晩御飯です。

あぶらかれいは初めて買いましたが、名前通りあぶらがのって美味しかったです。

元から味醂干しのような味付けがされていたのでそのまま食べれて便利でした。

他にも麹漬けや粕漬けなど味がついている切り身は単なる焼き魚と一味変わります。

焼くだけで料理した感が出るのでオススメです。

また焼き魚は美味しく簡単ですが、少しボリュームに欠けます。

そんな日に野菜炒めや豚汁は具沢山でボリュームたっぷりでぴったりです。

ぜひお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です