お食事エプロンはどんなタイプが重宝するのか


息子の食事の際につけるエプロンですが、これまた様々な形のものがあります。

薄いビニールで出来ているものも長袖や袖なしがあります。

またプラスチックのようなもので、受け皿付きのがっしりしているものもあります。

どれがいいのか、、私の答えとしては全部良いです。

我が家では用途により色々使い分けをしているのでご紹介します。

まずは普通のスタイです。

これはよだれかけですから、よだれ対策が1番の使い道なのかもしれません。

でも我が家で1番食事の際にエプロンとして活躍しています。

息子はまだ手づかみするより食べさせてほしいというタイプです。

なので私がスプーンで全部食べさせることが多いです。

息子は口に入れられたものを出したりこぼしたりほとんどしない子です。

なので服が汚れるのは私が息子の口にスプーンを入れそびれた時くらいです。

そうなると首回りにだけスタイがあれば事足りるのです。

スタイは裏が防水になってるものがとても便利で大活躍しています。

続いて、つかみ食べ練習をさせる時は長袖エプロンが便利です。

つかみ食べはあまりしないものの、やはり練習はさせています。

夏場はいいですが、冬は長袖を着るのですぐに袖口が汚れてしまいます。

なので長袖エプロンは1番洋服が汚れなくて重宝します。

しかもビニール製で水が染み込まなく、柔らかくて手が動きやすいのがいいです。

息子のは2.3歳でも使えるような大きめサイズを買ってしまいかなり裾長めです。

でもわりとこぼす時はズボンの方まで落ちたりするので、裾長めはオススメです。

そして、牛乳など飲み物を飲む練習の際はプラスチック製の受け皿があるタイプが重宝します。

息子はストローでもカップでも必ずまだ溢れてしまいます。

入れ物からこぼしてしまうだけにはとどまりません。

口に入っても1回に口に入れる適量がわかっていないのでたくさん含んでしまいます。

そして飲み込み切らず口から流れたりもします。

ビニールの柔らかいエプロンをつけていたら、水分は弾くので服には染み込みません。

しかし、流れる液体が結局エプロンをつたい下の方に流れてしまうのです。

もうエプロンから出ているズボンや床はびしゃびしゃです。

でも、プラスチック製受け皿ががっしりしていたら液体がそこに全部たまります。

ためているだけでは動くと溢れる危険もあるためタオルかティッシュを受け皿に入れておきます。

すると溜まった水分はひとまとめに吸ってくれてとても良いです。

こぼしたのを拭いていたら、目を離すのでさらに上からこぼされたりもあります。

なのでできるだけこぼしにくい対策が出来たらこちらも楽になりストレスも減ります。

エプロンは使い分けがオススメです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です