子どもの人見知りについて〜法事に参加して見えた息子の成長〜


今日は祖母の一回忌の法事でした。

親族が久しぶりに集まり、私も息子も参加して来ました。

この法事も兼ねて少し前から実家に帰省しています。

父母に会うのはお正月以来で、息子も以前に会ってからそんなに日は経っていません。

それなのに人見知り真っ只中の息子はギャン泣きでした。

最初私にくっつき虫でしたが、やはり父母は何度も顔を見ているので慣れも早いです。

しかし初対面ではなくてもこの人見知り具合で、法事はどうなってしまうかと不安になりました。

親戚達には以前の法事でも会っていますが、まだ0歳時代で恐らく記憶にないと思います。

だから実質初対面のように感じるのだろうなと予想はつきました。

息子は初対面の人がいっぱいいる場所に入っても泣きません。

しかし目があったり、話しかけられたり、かまわれると泣き出します。

例えば買物に行きレジの人に話しかけられるとギャン泣きします。

ベビーカーでも人とすれ違うのは大丈夫ですが、覗き込まれたりすると泣きます。

こんな感じで繊細なのかセンサーが敏感なタイプなのです。

初対面並みの親戚が集まるとなるとみんな息子に興味津々で構いたくなるのは間違いなしです。

なんだかずっと終始ギャン泣きでクタクタになる想像が浮かんでしまい不安でした。

実際到着してわずか数秒でやはりギャン泣きは始まりました。

しかし予想に反し、みんなが気をつかいかまわないようにしてくれたおかげで落ち着きました。

それに眠かったのもあったようなのでずっと抱っこしたら寝ました。

一眠りしたらスッキリしたのか場馴れしたのか抱っこから降ろしても大丈夫になっていました。

なんでかなと考えてみたら3歳と6歳のはとこがいたからかなとなりました。

不思議なもので息子は子どもには人見知りをしないのです。

今まで過去に児童館などに遊びに行った時を振り返ってみました。

初対面のママさんに話しかけられ泣いていたことはありました。

しかし思えば初対面の赤ちゃんには近づいても近づかれても全く泣いていませんでした。

なので3歳6歳のはとこはちゃんと子どもと認識して、一緒に遊べると思ったようです。

法事後の会食の席でもやたらに2人を追いかけて歩き回っていました。

息子が積極的に自ら他人に絡みに行ったのは初めてだったので驚きました。

そして2人と遊ぶうちにどんどん場馴れもし、その場にいる大人にも慣れてく感じでした。

今日の息子を見て思ったことは、人見知りだからこそもっと人がいる場所に行くべきかなということです。

児童館に行ってもママさんに泣くしあまり他の子と遊んだりもしていません。

だから児童館はたまにで、自宅で一緒に遊べばいいかなと思っていました。

でも今日の楽しそうな息子を見て、もっと体験を増やしてあげれば人見知りも減るのかなと考えていました。

そうなるかは分かりませんが、息子の成長に合わせた日々を過ごしたいものです。

大好きな牛乳をたくさん飲んでぐっすり眠った息子を見ながらそう思った夜でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です