子ども向け番組のありがたさと素晴らしさ


毎日朝と夕方ほとんど欠かさず子ども向け番組を見ています。

最初は息子が7.8カ月くらいの時に見せてみましたが全く見向きもせずでした。

それが10カ月くらいの時から徐々に興味を持ち始めました。

今や番組がかかっているとご機嫌なんてこともしばしばです。

やっぱりよくできてるんだなと感心します。

録画しておいたのを流して一日中かかってるなんて日もあります。

よく育児をテレビにさせないでという文言を耳にします。

テレビばかり見せたり頼りきりになるのを懸念してのことだと思います。

確かに見せっぱなしにして放置するのは良くないと思います。

でもテレビを見てくれている間に家事が進んだりするのも事実です。

朝に番組を見ている間に洗い物や洗濯をしています。

テレビがついてなければ、ベランダに出ようとついてきたりして危険です。

おもちゃをあげていても子ども番組ほど集中力が持続しません。

また夕方は元々うちの息子は新生児の頃からよく不機嫌になります。

魔の夕方という時間だからでしょうか。

そのため、夕方に子ども番組があるのは本当に助かります。

そのおかげで洗濯物を取り込み晩御飯の支度が出来ます。

また昼間も後追いが激しい時期はトイレに行くにも一苦労です。

そんな時子ども向け番組の録画を流していたらそーっと済ませられたりします。

こんな風に育児をスムーズにするためにどんどん活用すればいいと私は思っています。

一日中子ども番組がかかっていても見ずに私と遊ぶ時間もたくさんあります。

やっぱりママと遊ぶのが一番なようで嬉しい限りです。

それにきっと耳から入る音や言葉も刺激になっていると信じたいです。

テレビを我慢してストレスで煮詰まってイライラするくらいなら割り切りが大事です。

その方がママも赤ちゃんも幸せに毎日過ごせると思います。

あまりに息子が子ども番組が好きなのでふと懐かしいDVDを買いました。

にこにこぷんという私が赤ちゃんの時にしていた番組のです。

何度か見せましたがはまっているのは私だけのようでした。

やっぱり時代が違うのかなと思ったりしてもう少し大きくなってからまた見せてみようと思います。

他にもアンパンマンのDVDを貰ったのを見せたりもしました。

でもまだアンパンマンがわからないのかはまりません。

そう考えると子ども番組はこんな小さい時から見れるように作られてるんだなと感心してしまいます。

毎日毎日見ても飽きずに見続けられるってすごいと思いませんか。

しかも驚くことにどんどん大人の方がはまったりするんです。

ママ友と話していてもそういう話をよく聞きます。

鼻歌が子ども番組の曲になってるなんてのはほとんど共通しています。

やっぱり非常によく出来ているんだと思います。

そんな素晴らしい育児ツール、これからもフルに活用していきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です