0円で出来る赤ちゃんのための安全対策その1


我が家の1歳の息子はやんちゃざかり真っ只中です。

最近数歩手放しで歩けるようになりました。

まだまだ主な移動手段はハイハイで、あちこち自由自在に家中を探索しています。

時には触ってほしくない場所へ行くこともしばしばです。

これはどんな赤ちゃんにも共通している行動だと思います。

そんな赤ちゃんへの対策としてベビーガードを活用される方は多いのではないでしょうか。

木やプラスチックの囲うタイプのものなど、さまざまなものが発売されています。

しかしながら一時的な利用目的な割に一万円前後もするため、高い!と感じてしまいます。

また赤ちゃんを囲うのにも違和感があり使用をためらってしまうのもあります。

もちろん自由より安全第一という考えもわかりますので否定はしませんが。

夫婦で話し合い、やはりのびのびと動き回らせてあげたいという考えで一致しました。

しかし、そうなると、安全対策は急務です。

早速100円ショップに何かいいものはないかと探しに行きました。

節約ママとしてはコストはかけれません。

100円ショップをまずチェックするのはマストです。

そうするとチャイルドロックというのを発見しました。

ドアなど開閉できないようにロックするものです。

我が家はLDKが一体型のため、キッチンにも息子は入り放題です。

包丁を入れている戸棚は特に危険なので早速購入したチャイルドロックをつけました。

両面テープで貼るだけなので、すぐ取れないか心配しましたがしばらく見守ってみました。

案の定息子は戸棚のとこへいき、ガンガン引っ張りましたが、びくともしません。

これはいいものが見つかった!と思い、早速買い足しました。

テレビ台の下のガラス扉や炊飯器を引き出す棚など危ないと思うところにつけていきます。

そして取り付けたところは間違いなく成果を発揮してくれたのです。

しかしながら、キッチンにはたくさんの引き出しや戸棚があります。

リビングにも文具や雑貨を入れている引き出しなどもあります。

全てにチャイルドロックをつけるのは合理的かつ経済的ではないとまたすぐに気づかされました。

なんとかならないものかと息子が引き出しを開けるのをみつめていると、取っ手を必死に触る姿が目につきました。

これを外してしまえば開けれないのでは。

早速ドライバーで取っ手を外しました。

すると案の定息子は開けれないし、それどころか引き出しに向かうことも減りました。

息子は引き出しを開けたいと言うよりは、丸い取っ手に興味を示していたようです。

今取っ手がない引き出しは大人にも開けにくいですがなんとか横から指を入れれば開きます。

息子が引き出しをあけて指をつめる危険もなくなったし、なにせ1円もかけずに対策出来て大満足です。

オススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です